ATM利用手数料は母体によって違う

ATM利用手数料は、そのATMがどこの経営しているものなのかによって違います。キャッシング以外の利用でもATM手数料には変化があるのは知られていますが、それはキャッシングの際にも関係しています。つまり、自社ATMでは手数料を取らないことが多く、それ以外のATMでは手数料が発生することが多いということです。キャッシングローンでは、消費者金融や銀行独自のATMの他に、コンビニエンスストアやスーパーなどに設置してあるATMを利用することができます。

また、消費者金融が銀行のATMと提携していてその銀行のATMから借り入れや返済が行えるようになっている場合もあります。提携のATMやコンビニでは、多くの場合ATM利用手数料が金額や利用時間帯に応じてかかることとなっています

消費者金融では多くの会社で自社ATMを持っていますが、中には自社ATMを持たないような会社もあります。その場合には提携銀行などのATMやコンビニを利用することとなり、毎回手数料がかかる可能性も考えられます。また、自社ATMがあっても、自宅や会社などから利用しにくい場所にしかない場合なども他のATMを使う頻度が多くなりやすいため、注意が必要です。

TOPIC > NOLOAN – ATMでキャッシング
コンビニ・ショッピングセンターのATMでキャッシングのご利用ができます。

ATM利用手数料を軽減するコツ

キャッシングローンでATMを頻繁に利用する人は、利用手数料を軽減するためのATMの使い分けをすると良いでしょう。通常では1万円未満で100円(税抜き)、それ以上で200円(税抜き)となることが多くなります。こまめに使う人なら1ヶ月で数千円の手数料を支払っていることもあるくらいなので、ATMの手数料は慎重に考えるべきなのです。中には利息よりも高いATM利用手数料を払っているという人もいるかも知れません。

ATMの手数料を軽減しながらキャッシングを利用するならば、無料の自社ATMを基本利用として、それ以外のATMを控えることが必要です。特に借り入れの時ではなく返済時に注意をしましょう。利便性の面から難しいことが多い人では、借り入れや返済の回数の調整も大切です。複数回にわたって利用することが多いのであれば、計画を立てて一度にまとまった額を借り入れ、もしくは返済するようにします。これを実行できれば、手数料だけでなくキャッシングを計画的に行うこともできるでしょう。

また、時間帯としては夜間に手数料が発生しやすいので、できるだけ昼間の時間帯に借り入れや返済を行うことが大切です。ATMの使いすぎが目立つ場合には振り込みキャッシングに変えることも検討しましょう。

ATM手数料は借入と返済で違う

キャッシングではATMを使うことで借り入れも返済も行うことが出来ます。銀行のカードローンや消費者金融など、いろいろなキャッシングローンがありますが、ATM利用手数料の借り入れ時と返済時のルールは多くの会社、銀行などでおおむね似たようなものとなっているようです。そのため、利用手数料の基本ルールを押さえておくことで、どこのキャッシングを利用する時にも汎用することが出来るでしょう。

基本的にキャッシングローンでATMを利用する場合、借り入れでは利用手数料が無料となることが多く見られます。会社としてもキャッシングの利用をたくさんしてもらいたいので、利用手数料も優遇されているのです。中には利用手数料がかかる場合もありますが、返済よりは無料となるケースが多くなります。

キャッシングでATMを利用する場合、利用手数料がかかりやすいのが返済の時です。返済でも自社ATMの場合には手数料が無料となる場合はありますが、それ以外のATMでは利用手数料がかかることが多くなります。手数料がかかるため、支払額がすべて入金額とならない点に注意が必要です。特に最低支払額に抑えたい場合には、入金金額が手数料分だけ不足する恐れがあります。

ATMのキャッシング手数料は

キャッシングを利用する時に便利なのがATMです。しかし、ATMを利用した場合に手数料がかかるのは少し勿体無いと思う人は多いでしょう。実際に、ATM手数料は一度当たりの金額が少なくても、ちりも積もれば山となるというように、何度も繰り返し使っていると意外な出費となります。ATMでのキャッシングは、外出先で急に現金が必要になった時などについ使ってしまいがちですが、その際には利用手数料についても考えてみたいものです。一度あたりの金額の安さにごまかされず、節約できるように注意しておきましょう。

キャッシングで利用する場合には、銀行のATMやコンビニエンスストアに設置されているATM、または消費者金融などの自社ATMなどが利用できます。利用時間は24時間のものもあれば、日中だけのものもあります。長い利用時間のATMはとても助かりますが、その時間帯ごとにATM利用手数料が違うこともあるため、注意が必要です。

キャッシングでのATM利用手数料は、時間だけでなく金額による違いを持つものもあります。金額によって差がある場合には、おおむね1万円が区切りとなっていることが多いようです。利用手数料はATMのタイプによって無料となるものもあるので、キャッシングで利用したい金額や時間帯、利便性などの点から使い分けるとよいでしょう。当サイトではキャッシングでのATM利用手数料の違いや使い方のコツを詳しく紹介いたします。