ATM利用手数料を軽減するコツ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

キャッシングローンでATMを頻繁に利用する人は、利用手数料を軽減するためのATMの使い分けをすると良いでしょう。通常では1万円未満で100円(税抜き)、それ以上で200円(税抜き)となることが多くなります。こまめに使う人なら1ヶ月で数千円の手数料を支払っていることもあるくらいなので、ATMの手数料は慎重に考えるべきなのです。中には利息よりも高いATM利用手数料を払っているという人もいるかも知れません。

ATMの手数料を軽減しながらキャッシングを利用するならば、無料の自社ATMを基本利用として、それ以外のATMを控えることが必要です。特に借り入れの時ではなく返済時に注意をしましょう。利便性の面から難しいことが多い人では、借り入れや返済の回数の調整も大切です。複数回にわたって利用することが多いのであれば、計画を立てて一度にまとまった額を借り入れ、もしくは返済するようにします。これを実行できれば、手数料だけでなくキャッシングを計画的に行うこともできるでしょう。

また、時間帯としては夜間に手数料が発生しやすいので、できるだけ昼間の時間帯に借り入れや返済を行うことが大切です。ATMの使いすぎが目立つ場合には振り込みキャッシングに変えることも検討しましょう。