ATM手数料は借入と返済で違う

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

キャッシングではATMを使うことで借り入れも返済も行うことが出来ます。銀行のカードローンや消費者金融など、いろいろなキャッシングローンがありますが、ATM利用手数料の借り入れ時と返済時のルールは多くの会社、銀行などでおおむね似たようなものとなっているようです。そのため、利用手数料の基本ルールを押さえておくことで、どこのキャッシングを利用する時にも汎用することが出来るでしょう。

基本的にキャッシングローンでATMを利用する場合、借り入れでは利用手数料が無料となることが多く見られます。会社としてもキャッシングの利用をたくさんしてもらいたいので、利用手数料も優遇されているのです。中には利用手数料がかかる場合もありますが、返済よりは無料となるケースが多くなります。

キャッシングでATMを利用する場合、利用手数料がかかりやすいのが返済の時です。返済でも自社ATMの場合には手数料が無料となる場合はありますが、それ以外のATMでは利用手数料がかかることが多くなります。手数料がかかるため、支払額がすべて入金額とならない点に注意が必要です。特に最低支払額に抑えたい場合には、入金金額が手数料分だけ不足する恐れがあります。